年別アーカイブ 2019

中国語医療通訳養成講座開催(13回連続)のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

近年、日本を訪れる外国人の数は増加の一途をたどり、昨年の訪日外国人の数は3000万人を超えました。また日本で人間ドックや検査、治療などの医療サービスを受ける目的での訪日外国人も年々増加しております。
しかし、医療に精通した通訳「医療通訳士」の人数は十分ではなく、特に福岡や九州は資格を保持している医療通訳士の絶対数が不足しております。
外国人が日本で、九州で、福岡で安心して医療サービスを受ける体制を整える為にも資格をもった医療通訳士が必要と考えております。
そこで弊社は医療通訳の資格を保持する方を一人でも多く増やす為に、2020年1月11日(土)より13回連続で「医療通訳養成講座」を開催致します。

医療通訳になりたい方、強い興味をもたれている方のご応募、心よりお待ち申し上げております。
——————————————————-
〇 費用:¥55,000(税込み) 費用に含まれるもの:教材費、修了試験費用、認定証
〇 日程:2020年1月11日(土)より4月11日(土)まで毎週土曜日開催。 13回+修了試験(1月25日は休校)
〇 時間:各90分途中10分休憩 1限目(9:00~10:40)、2限目(11:00~12:40)*4/11のみ14時~15時30分にテストあり 〇 申込資格:日本語(日本語能力試験N2以上)、中国語(中国語検定試験2級以上または旧HSK5級以上または同等な能力をお持ちの方) 〇 修了必要単位:26単位中、24単位以上必要(1日2講義受講で2単位)
・24単位以上を取得し、修了試験を合格された方には弊社からのお仕事の紹介を予定 ・2020年4月の日本医療通訳協会検定試験での合格を目指します
〇 開催場所:弊社事務所等(福岡市中央区天神2丁目13-18 天神ホワイトビル6階)
〇 申し込み方法:メールにて履歴書をお送り下さい。タイトルは「医療通訳養成講座申込」でお願いします
メールアドレス:info@j-imc.co.jp
〇 定員:15名
〇 問合せ先:株式会社日本国際医療センター 092-791-8578
〇 主催:株式会社日本国際医療センター

第四回医療通訳特別講座開催

12月17日に福岡市中央区天神のイムズ8階の「青木優美クリニック」にて医療通訳特別講座を開催致しました。
日本で最初に導入されたがんの「光免疫療法」などについて青木院長より大変分かりやすい説明をして頂きました。
ご協力誠に有難うございました。

中国人の人間ドック受診のお手伝い

本日、上海からお越しの中国人の方に春日市の福岡徳洲会病院にて人間ドックの受診のお手伝いを致しました。
お問合せを頂いた段階で人間ドック受診希望日が大変近く、対応が難しい状況で受診項目を調整しながら受入れをして頂きました。
当日も問題なく、無事に全ての検査を完了いたしました。

南京からお越しの方々にプラセンタの点滴

本日は南京からお越しの4名様に健康増進の目的の為、プラセンタの点滴をして頂きました。
プラセンタの点滴には肝機能改善、疲労回復、体質改善、アンチエイジングの効果があると言われており、点滴を受けた方々も喜ばれておりました。

第三回医療通訳特別講座開催

本日はがん免疫療法を専門に行っている福岡メディカルクリニック院長の内藤先生のよる【医療通訳特別講座】を開催いたしました。
今後も需要が増えるであろう中国人の日本でのがん治療の際の通訳の知識となれば幸いです。
免疫療法は非常に難しい知識が必要となりますので、今後も定期的に開催し、知識の向上につながるよう、今後も定期的に開催できればと考えております。

第三回医療通訳特別講座

福岡メディカルクリニック院長の内藤先生による医療通訳特別講座を開催致します。

テーマ:がん免疫細胞治療とがん予防医学
日程:2019年11月18日(月)
● 開催時間:14:00 ~ 15:30(開場:13:30)
● 会場:福岡メディカルクリニック
住所:福岡市博多区店屋町6-18 ランダムスクウェア 5F
(市営地下鉄「中洲川端駅」下車徒歩5分 / 西鉄バス「土居町」下車徒歩1分)
● 参加者資格①医療通訳を真剣に学びたい方。②言語:日本語(日本語能力試験N2以上)、中国語(中国語検定試験2級以上
または旧HSK5級以上または同等な能力をお持ちの方。
● 申込方法:メールにて日本語履歴書をお送り下さい。メールアドレス:info@j-imc.co.jp
● 締め切り期限: 11月14日(木)
*定員に達した場合は早目に締め切る場合もございます。人数が多数の場合は履歴書を参考に当社にて選考致します。

九州大学病院 国際医療支援センター様訪問

九州大学病院の国際医療支援センター様(IPAC:International Patient Support Center)を訪問致しました。
当部署は海外の外国人患者さん、海外に暮らす日本人の患者さんに対して、日本の先進的医療を提供する、アジアにおける先進的医療拠点として平成17年に設立。
外国人患者さんの受け入れのためのサポートを行っておられます。

第一回医療通訳特別講座開催

福岡市天神でがんの免疫治療を専門とされている「セレン福岡メディカルクリニック」さまで第一回医療通訳特別講座を開催いたしました。
樹状細胞を用いたの最先端のがん免疫療法について小角院長より講義をして頂きました。

医療ツーリズム事例|古賀病院21での人間ドック②

先週に引き続き、中国からお越しの方々に久留米市宮の陣の「古賀病院21」にてPET-CTを含む人間ドックを受診して頂きました。

医療ツーリズム事例|肝炎の患者様

中国からお越しの肝炎の患者さまを久留米の久留米中央病院にご案内いたしました。
こちらは肝臓がんなど肝疾患の治療を専門とされてます。