日本人95パーセントに適合 拒絶反応少ないiPS細胞

日本人95パーセントに適合 拒絶反応少ないiPS細胞

iPS細胞(人工多能性幹細胞)にゲノム編集技術を用い、他人のiPS細胞でも移植時の拒絶反応を起こしにくくすることに成功したと、京都大iPS細胞研究所の研究チームが発表した。他人のiPS細胞を利用すれば作製時間や費用を大幅に減らせる一方、拒絶反応が起こる問題があった。成果は8日、米科学誌「セル・ステム・セル」電子版に掲載される。

掲載元:毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190307/k00/00m/040/245000c

投稿者について

wpmaster administrator