iPS細胞から作った樹状細胞が消化器ガンへ効果

iPS細胞から作った樹状細胞が消化器ガンへ効果

医療ツーリズムのJIMC(日本国際医療センター)です。医療ツーリズム、医療関係等のニュースを紹介しております。



去年のニュースですが和歌山県立大学が「iPS細胞由来樹状細胞を用いて消化器固形癌に対するワクチン効果を初めて確認」という発表を行いました。
・樹状細胞がんワクチン両方の問題点
・iPS細胞由来樹状細胞ワクチン療法
・健常人の皮膚線維芽細胞からヒトiPS-DCの樹立
・iPS細胞由来樹状細胞を用いて消化器固形癌に対するワクチン効果を初めて確認
・将来展望
上記5項目についての発表でしたが人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った免疫細胞の一種である「樹状細胞」で、消化器がんへのワクチン効果が初めて確認できたとの事です。
がん患者から樹状細胞を得るためには大量に末梢血採血が必要で、かつ樹状細胞事態の機能も低下しているなどの問題があったため、樹状細胞をiPS細胞から作り出し、健常な人と同等な免疫機能樹状細胞を作り出す事ができると着目し、マウスを使っての実験でも強力な抗腫瘍効果を発揮したとの事です。

掲載元:和歌山県立医科大学(2018年3月19日)
http://www.wakayama-med.ac.jp/intro/press/201803/180319.pdf


投稿者について

wpmaster administrator