日立、iPS細胞自動培養装置を製品化

日立、iPS細胞自動培養装置を製品化

医療ツーリズム、医療関連のニュースをお届け致します。
iPS細胞の自動培養装置が製品化されたという画期的なニュースを紹介します。

2019年3月11日に株式会社日立製作所はiPS細胞大量自動培養装置を製品化し、2019年3月8日に第一号機を大日本住友製薬株式会社の再生・細胞医薬製造プラントに納入したと発表しました。
製品名は『iACE2(アイエースツー)』、国内で初めて再生医療等製品に使用するiPS細胞の商用製造が可能な装置です。
現在iPS細胞は熟練者による手技で培養されていますが、こちらの装置は細胞の播種、培養、観察を無菌状態で行る事ができ、品質の高い細胞を安定的に供給する事が可能です。
2019年3月末には第二号機も納入する予定で2022年度にパーキンソン病向けの医薬品販売を目指す大日本住友製薬と共同で研究を行っています。

掲載元:日立製作所ホームページ(2019年3月11日)
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/03/0311.pdf


投稿者について

wpmaster administrator