国立国際医療センター様訪問

国立国際医療センター様訪問

東京都の新宿区にある「国立国際医療センター」の外国人受入れの部署へご挨拶に伺いました。
こちらは新宿区にあるという事で、場所柄訪日外国人の受入れが非常に多い医療機関です。
また以前は当時の総理大臣が人間ドックを受診されるなど、VIPの受入れ実績も豊富です。(防弾ガラス付きの部屋もあります)

日本の人間ドックは、はじめ「短期入院精密身体検査」と称して、1954年7月12日に同センターの前身である国立東京第一病院に発足されたと言われております。
そしてその後、この健診システムは人間ドックというネーミングで全国の病院に波及していきました。
日本最古の歴史を誇る当院の人間ドックは、長年の実績と経験をもとに、より精度の高い人間ドックを目指して、2016年5月に「人間ドックセンター」をリニューアルオープンさせております。

人間ドックセンター内は非常に広々としたスペースがあり、清潔感、高級感がありました。
医療ツーリズムでの外国人の受入れも多くされており、伺った際も複数組の外国人受診者がいらっしゃいました。

投稿者について

wpmaster administrator