がん研究会有明病院様訪問

がん研究会有明病院様訪問

がん研究会有明病院は1908年に日本で初めてのがん専門機関として開院。以降、日本のがん治療の中心にある医療機関です。
一日の平均患者数は約1700人、686床、手術室20室を備えております。
治療を希望する外国人患者やPET-CTの人間ドックを希望される外国人の方も多く、国際医療課が医療ツーリズム等外国人の対応を担っておられます。
検診センターは2016年に開設された新棟にあり、非常に清潔感があります。
観光地としても有名なお台場からすぐ近くにあり、近隣には宿泊施設も多くございます。
弊社にもこちらでの治療や人間ドック受診の希望をされる方々からの問合せを多く頂いております。

投稿者について

wpmaster administrator